あさひ薬局|本日の活躍漢方薬|耳なり|めまい|頭痛|PMS

 

本日の活躍商品

   
こちらでは今、是非お勧めしたい漢方を小野寺先生より紹介させていただくコーナーです。
数ある漢方のなかからその日に活躍した商品をご紹介させていただきます。
 

本日の漢方

本日の漢方
フォーム
 
本日の活躍漢方薬
2018-05-22
酸棗仁湯(さんそうにんとう〉です。
効能効果は心身が疲れ、精神不安、不眠症、神経症です。
 
本日の活躍漢方薬
2018-05-22
 
亀鹿仙(きろくせん)。滋陰潜陽、長寿不老の妙薬として重宝され、滋陰薬の最後の砦と考えられますが、生薬の特徴を合わせ、「滋陰養血安神・潜陽鎮静安神」の顔もあります。現代社会の夜更かし、ストレス、更年期又は加齢により陰精陰血が消耗され、乾燥、ほてり或いはのぼせが見られる時、朝晩1包ずつ(胃腸が弱い方には何回かに分けて服用)或いは1日1包を寝る前に服用するのが効果的です。組織上滋陰薬以外に「鹿茸」も含まれているので、「陰損陽衰」も兼ねて考慮され、バランスが良い「上品」と評判されます。滋陰潜陽、軟堅散結、補腎強精をしながら、鎮静安神の働きもしてくれ、一石二鳥です。
 
 
 
本日の活躍漢方薬
2018-05-22
効能効果は次のとおりです。体力中等度で、のぼせ感があり、肩が凝り、疲れやすく、精神不安やいら立ちなどの精神神経症状、ときに便秘傾向のあるものの次の諸症状:冷え性、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症。としたうえで、〈効能・効果に関連する注意〉血の道とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期などの女性ホルモンの変動に伴って現れる世親不安やいら立ちなどの精神症状及び身体症状のことです。
 
本日の活躍漢方薬
2018-05-22
八味地黄丸〈はちみじおうがん〉です。この漢方薬「いろんな名前に変わって」販売されている漢方製剤です。何しろ、効能効果の中に「軽い尿漏れ」の効能がある、唯一の漢方製剤なのです。と言っところで、効能効果は次の通りです。体力中等度以下で、疲れやすく、四肢が冷えやすく、尿量減少又は、多尿で、時に口渇があるのものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、残尿感、夜間尿、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善〈肩こり、頭重、耳鳴り)軽い尿漏れ。です。
 
本日の活躍漢方薬
2018-05-22
「温胆湯」うんたんとうです。肝試しという言葉がありますが、「胆」というところが「安定」してはじめて「安眠」出来るという効果を持ち合わせた漢方薬です。また、水分代謝も良くしますし、「悪夢」や「悶々感」「胸悶感」も抑えてくれる効果にも優れています。ちょっとだけ「反則技」ですが、配合生薬「半夏」には「肥満解消効果」もあり「安眠」することで「基礎代謝」が「向上」し「肥満解消」にも役立ちます。
qrcode.png
http://www.asahi-kanpou.com/
モバイルサイトにアクセス!
010982
<<有限会社あさひ薬局>> 〒028-7111 岩手県八幡平市大更25-118-1 TEL:0195-75-2227 FAX:0195-75-2227